『豊川稲荷』初詣での交通規制について(愛知県豊川市)




商売繁盛、家内安全、福徳開運の神様として全国的に知られる『豊川稲荷』の正式名称は妙厳寺(みょうごんじ)です。

京都の伏見稲荷とともに日本三大稲荷とされ、年間数百万人の参拝者が訪れます。

豊川稲荷境内にある日本最古(1912年)の現役ポストや、1,000体以上もある狐の霊狐塚はパワースポットです。

大勢の参拝者が訪れる正月の一定期間中は、周辺道路において交通規制が行われます。

車でお越しの際はご注意下さい。

駐車施設が少ないため、公共交通機関のご利用をお勧め致します。

交通規制

交通規制

日時:2018年12月31日(日)21:00~翌日朝5:00

   2018年1月1日(月)9:00~18:00

   2018年1月2日(火)9:00~18:00

   2018年1月3日(水)9:00~18:00

場所:豊川稲荷門前周辺

豊川稲荷公式ホームページ http://toyokawainari.jp/


参拝した後は『おきつねバーガー』『豊川いなりうどん』『豊川いなり寿司』など豊川稲荷周辺を散策するのも楽しいですよ。

豊川での観光スポット情報は“豊川市観光協会”でご覧になれます。

豊川市観光協会公式ホームページ→http://www.toyokawa-map.net/

豊川稲荷周辺マップ

アクセス

  • 東京方面より

    電車利用・・・JR東海道新幹線・東海道本線『豊橋駅』下車→JR飯田線乗り換え『豊川駅』下車→徒歩3分。

    車利用・・・東名高速道路『豊川インターチェンジ』より5分。

  • 名古屋方面より

    電車利用・・・JR東海道新幹線・東海道本線『豊橋駅』下車→JR飯田線乗り換え『豊川駅』下車→徒歩3分。

          名鉄本線名古屋駅より急行豊川稲荷駅行き利用『豊川稲荷駅』下車→徒歩3分

          名鉄本線名古屋駅より国府駅乗り換え名鉄豊川線『豊川稲荷駅』下車→徒歩3分

    車利用・・・東名高速道路『豊川インターチェンジ』より5分。
コメントは閉じられています。