大海の放下(愛知県新城市)




三方を山に囲まれた大海地区。

ここには、古くから伝えられる民俗芸能『大海の放下』があります。

毎年8月の14、15両日に行われる盆の行事で、県の無形民俗文化財に指定されています。

大海の放下

大海の放下

新仏の供養に踊る『念仏踊』は、3人の舞い手が夕刻から初盆の家々を訪ねます。

高さ3mもの大団扇を背負い、腹に太鼓をくくりつけ、古くから伝わる歌謡に合わせて舞い踊ります。

歌には念仏、歌枕、ほうか、出、ねり、そそりなどがあり、初盆の家で茶菓の振舞いがあった後、輪になって踊る手踊り『おひねり』という曲もあります。

鎌倉時代から伝わる、哀調を帯びた節回し、鉦や笛の音が、宵のまちに響きわたります。

大海の放下

日付:2017年8月14日(日)夜

8月15日(月)夜

場所:大海泉昌寺

お問合せ:新城市観光協会

http://shinshirokankou.com/

電話:0536-32-0022(新城市観光協会)

記事にコメントする