奥三河の『花祭』 小林・御園(愛知県北設楽郡東栄町)




毎年11月から3月上旬にかけて奥三河15ヵ所の地区で盛大に開催される『花祭』が始まります。

700年以上にわたって行われている神事『花祭』は、大切に継承されています。

花祭詳細→ https://www.town.toei.aichi.jp/hana/top/top.html

小林・御園

小林地区(東栄町)

日時:2018年11月10日(土)7:00~23:30

場所:小林諏訪神社

MAP:https://goo.gl/maps/JaUtQvJAHz32

詳細:https://www.town.toei.aichi.jp/hana/area/01_kobayashi/kobayashi.html

東栄町内の花祭には『振草系』『大入系』『大河内系』の3つの系統があると言われ、小林の花祭は『大河内系』の唯一の花祭といわれています。

舞は少し他より拍子が速く、所作も素朴で、歌ぐらや、笛の音色も独特なのが特徴です。

御園(東栄町)

日時: 2018年11月10日(土)14:00 ~ 11月11日(日)正午

場所: 御園集会所

MAP:https://goo.gl/maps/8z1pHPeuhs32

詳細:http://www.town.toei.aichi.jp/hana/area/02_misono/misono.html

『大入系』の花祭で、太鼓もおさえバチでなく弾むように調子よく叩きます。

舞い方も集落により少しずつ違い、御園の舞は、一本足で腕を大きく広げて、鶴のように優雅に舞うのが特徴です。

 
コメントは閉じられています。