設楽町の念仏踊り(愛知県北設楽郡設楽町)




設楽町の各集落で『念仏踊り』が行われます。

『念仏踊り』は、踊りによって亡くなった方を供養するもので、行事の中心は新仏の供養が中心となっています。

『はねこみ』という名前の通り、太鼓を打ちながら勇壮にはね踊ります。

17日には田峯観音境内で『観音様の盆』が行われ、里帰りした人たちも輪になって、にぎやかに手踊りが行われます。

最後のはね込みが終わると、境内に送り火が焚かれ、念仏衆が精霊を送りながら境内を引き上げます。

田峯 念仏踊

《本町》
  • 8月14日(月)19:00頃~ 田口地内(地区内の初盆の家)
  • 8月15日(火)19:00頃~ 福田寺(地域の子どもたちも参加)
《清崎》
  • 8月14日(月)19:30頃~ 多宝寺(念仏・はねこみ)
《田峯》
  • 8月14日(月)18:00~ 日光寺(念仏・はねこみ)
  • 8月14日(月)19:00~ 田峯地区の初盆を迎える家 御法楽(念仏・はねこみ)
  • 8月16日(水)18:00~ 日光寺 餓鬼送り(念仏のみ)
  • 8月17日(木)18:30~ 田峰観音 観音様の盆・戦没者念仏(念仏・はねこみ・手踊り)
《平山》
  • 8月14日(月)19:30~ 平山公会堂(念仏・はねこみ)
《豊邦》
  • 8月14日(月)19:30~ 豊邦地区(念仏・はねこみ)

詳細:http://sitarakankou.on.arena.ne.jp/nennbutuodori.htm(設楽町観光協会HP)

お問合せ:0536-62-1000(設楽町観光協会)

記事にコメントする